社会保険労務士は、社会保険の専門家というのを証明できる国家資格です。 企業が人を雇う場合、雇用保険や健康保険、厚生年金保険といった色々な保険の手続きをしないといけません。 しかし、この手続きは素人にとっては非常に難しいですし、面倒な作業です。 この手続きに時間を取られてしまい、仕事に支障をきたす場合もあります。 そこで登場するのが、そんな保険の手続きを代行してくれる社会保険労務士です。 社会保険労務士は、保険手続きの代行業務をはじめ、賃金や就業規則に関する書類の作成、社内のコンサルタント業務などを行います。 細かい作業を要求される仕事なので、女性の方に向いているともいわれており、合格者の3分の1程度は女性です。 働き方は、企業で仕事をする勤務社労士と独立開業して仕事をする開業社労士の2つから選ぶことになります。 さいしょから独立しても上手にいかないので、まずはどこかの企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)に就職して経験を積んでから独立された方が良いでしょうー